【牛すき鍋】牛丼屋三社を徹底比較!もう迷わない!2022

※この記事は2022年2月25日に更新しました。

ここ数年前から牛丼屋の冬の定番メニューになってきた『鍋メニュー』。2022年もこぞって牛丼三社が独自の『牛すき鍋メニュー』を登場させました。

私の記憶が確かなら「鍋」の類のメニューを出したのは、吉野屋さんが10年くらいに出した『すき焼き鍋膳』(違ってたらゴメンなさい)が初めだったような気がします。

その時は予め鍋を温めてから提供されていたので、提供されるまでにかなり時間がかかった記憶があったのですが、今は料亭などで使われる固形燃料(チャッカマンで火をつけるやつ)が導入されて、提供スピードはもちろん最後までアツアツが食べれるという工夫もされています。

新型コロナウイルスを懸念されている人も、テイウクアウトできるのでお家で安心して食べれるので、是非参考にしてください。

目次

2022年吉野家の『あさり豚チゲ御膳』を食べてみた

あさり豚チゲ御膳弁当

今年最初(といっても2月下旬)の鍋メニューは吉野家の『あさり豚チゲ御前』。チゲの最後は必ず雑炊にしたいので、半熟たまごもつけました。

今回の注目はなんといっても『あさり』!吉野家ではこれまでしじみの味噌汁など魚介類のメニューを出しているので、このあたりの系譜なのでしょうか?これでもかってくらい貝殻ごとあさりが入っていて、魚介の味がとてもいい!松屋の冬の定番『チゲ定食』とは、また一風違った美味しさがありました。

あさり豚チゲ御膳のうどん

さて、鍋メニューの特徴のうどんですがー・・・やはりちょっと少ないイメージですね。二回くらいすすったらなくなってしまいました(笑)ですが、白菜と肉の量がかなりあって満腹感はあります。

そして、しめはごはんをどーんと入れて、半熟卵をのせて雑炊に。とても満足する一品でした。

あさり豚チゲ御膳で雑炊

歴代の『牛すき鍋』のご紹介

冬の定番の牛すき鍋ですが、実は毎年少しづつリニューアルされて、鍋メニューの種類も変わっているのをご存じですか?そんなわけで、去年以降に発売された、松屋・吉野家・すき家の牛すき鍋のメニューをさらっとご紹介。

当時のレビューをそのまま載せてるんで、ちょっと違和感もあるかもしれませんが、その辺はご愛敬で。

2019年吉野家の『麻辣牛鍋膳』を食べてみた

2019年私が食した牛丼屋初の牛鍋膳は吉野家の『麻辣牛鍋膳』!

●麻辣牛鍋膳

麻辣牛鍋膳

麻辣牛鍋膳 748円(税別)

ちょっと「ん?」って思った人も多いのではないでしょうか?はい。全くポスターの写真と違います(汗)

もっと松屋のチゲみたいに赤いスープを予想してたのですが、唐辛子がのってるだけに見えます・・・・。

味は確かに辛いのですがー・・・うん・・・美味しかったのですが、通常の牛鍋膳より100円高くてこれはちょっとコスパ悪いかな?とか素直な感想です。

こんなに辛いのに卵ついてきませんし(牛鍋膳はデフォでついてくる)。

正直私は商品についてあまりマイナスのレビューはしないよう心掛けているのですが、今回はちょっと本音を語らせていただきます。

ちょっと写真をじっくり見てもらうとわかるのですが、お新香がたったの4切れしかありません(涙)

何か裏で「お新香がーうにゃむにゃ」みたいな声が聞こえてたんで、きっと在庫切らしちゃったのかな?とか思ってたんですが、一言あってもいいじゃないですか?

代わりに違うミニサラダとか付けるとか。

バイトじゃそんな機転はできないだろーなーとか思ってたら、いるじゃないですか店長!

店長見ててコレ提供とか、流石にちょっと嫌な気分になってしまってしまったわけですよ。

そんなこんなで吉野家2019新メニュー「麻辣牛鍋膳」だけに辛口のレビューをさせていただきました。

松屋の『牛鍋膳』を食べてみた

●牛鍋膳(熟成チルド牛肉使用)生玉子(並盛:ごはん大盛り)

松屋『牛鍋膳』

値段は三社の中で一番安く590円(並)!期間限定でライス大盛りも無料です。(店舗によって異なります)

野菜セットにすると650円で50円もお得になります。

お肉の量が増量した『肉増し牛鍋膳』730円もあります。

卵は生卵と半熟卵から選べます。

気になる鍋の中身ですが、牛肉(おそらく牛丼の肉煮)に豆腐に刻みネギといたってシンプル。

味付けは濃い口の甘しょっぱいすき焼きダレ。

後ほど書きますが、他の二社と比べて具材は少ないですが、お肉の量が並盛でも十分あるので、ご飯大盛りにしてもオカズが余るくらいボリュームがあります。

『肉増し』にするならご飯を特盛にしたほうがいですかね?

吉野家の『牛すき鍋膳』を食べてみた

●牛すき鍋膳(並盛)

吉野家『牛すき鍋膳』

値段は二番目に安い690円。しかも今ならクーポンが使えるので50円引きの640円で食べれます。

クーポンの取得方法は『牛丼各社の得するクーポン!』をご参照ください。

こちらも大盛りが790円でありますすが「+300円で肉2倍盛」とかかれているので、お肉の量を増やしたい場合はこちらを注文したほうがよさそうです。

鍋の中身は松屋とは違い、肉煮以外煮白菜に水菜に人参、しかもうどんまで入って『すきうどん』も楽しめます。

小鉢も生卵にお新香もついてきてかなり豪勢な内容になっております。

ただちょっと個人的にはうどんが少ないかなっとか思ってしまいますが・・・。

それでもかなりボリュームがあって、ご飯並盛りでもかなりお腹いっぱいになりました。

すき家の『牛すき鍋定食』を食べてみた

そして最後に紹介するのが、すき屋の『牛すき鍋定食』。

●牛すき鍋定食

牛すき鍋定食

三社の中で一番高い790円!しかも発売開始日が11/14と一番遅い滑り出し。

気になる中身は肉煮、白菜、人参、しらたき、豆腐、長ネギにうどんと松屋と吉野家の具材が全部入っています!(松屋は小ネギですが)

うどんもかなり多く食べ応えがあり、しかもなぜか生卵が二つ付いてきます!(間違えかと思いました)

さすが一番高い値段だけあって、『すき焼き鍋』としては一番満足度の高い内容と言えるでしょう!

ただこちらもちょっと不満があるとしたら、ポスターの告知にある「肉25%増量」という標語。

これ実は去年の同商品の25%増量ってことで、「牛丼の並」の25%増量ではないってことですね。

実はあった!レトルト版牛すき鍋!

冬限定メニューの牛すき鍋。今年もそろそろ販売終了する店舗も出てくるのではないでしょうか?「今年も食べそこなったー」なんて人におすすめしたいのが、吉野家の『冷凍牛すき鍋の素』!!これで一年中牛丼屋の鍋メニューが食べれます!是非お試しください!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

吉野家 冷凍牛すき鍋の素8袋セット
価格:5616円(税込、送料無料) (2022/2/25時点)


次のお話