炎上汚染都市冬木 体験漫画(FGO二次創作)

FGOの冬木の街が炎上してます

FGO最初の舞台はやはり冬木の街でした。炎上中。

物語冒頭で寝オチしてしまい、気が付いたら画面が変わっていました。よくわからず話を進めていたのですが、どうやらFateではお馴染みの冬木の街だったよう。なるほどだから特異点F。

そしてまさかのヒロインとの名前ニアかぶり。面白いんでずっとそのままなのですが、呼んでるほうはマシュだったりまっしゅだったり呼びづらいだろうなとか、脳内変換しながら楽しんでます。

星4でもこんなもんです

星4でもレベル上げなきゃめちゃめちゃ弱い

最初の10連ガチャで手に入れたレアは星4サーヴァントのジークフリート(セイバー)でした。

ジークフリートって誰ですか。

10年間Fateから離れていたらなんかいろんなアナザーストーリーが出てたようで、まるっきり浦島太郎状態です。小次郎しかわからない・・・しかも星1ってどうよ。とりあえず一番強そうなジークフリートを選んだのですが、これがまた弱くて戦闘中真っ先にリタイヤします。

チュートリアルは寝オチしてしまったので、レベル上げや霊基再臨を知らずオケアノスぐらいまで底辺な戦いを繰り広げていました。

冬木なだけに懐かしい人がでてきます

FGOでもランサー登場!でもランサーじゃない!

Pixvとかでなんか魔法使いっぽいランサーがいるなーって思ってたら、ランサーがキャスターになってるじゃありませんか。ややこしい。FGOでは従来のキャラが別クラスで再登場していて、先ほど全く知らないサーヴァントばかりといいましたが、そのあたりで古株のファンでも楽しめるように調整されてるようですね。

個人的には絵師さんがかわってしまって、オカマっぽく見えるのがちょっと残念だったり。ちなみに炎上都市冬木はこの人一人で全部勝てます。いらないじゃんパーティー。

FGO炎上汚染都市冬木のラスボス

冬木のラスボスはやっぱりセイバーさん

案の定というかお約束というか、やっぱりセイバーさんでした。でも正直手加減したとはいえ、あんだけヘブンズフィールで絶望させといて、あっさり勝ててしまうのはどうなんですかね。話の長さや言い回しはFateなんですが、戦闘に関しては本当にサクサク進んでしまうんで、そのあたりがちょっと残念なんです。

Fateの戦闘ってもっとこう生きるか死ぬかのギリギリで、シロウくんなんか毎回ころされてるんじゃないかってくらい流血させらて、でもなんとか切り抜けてって感じが売りだったじゃないですか。しかも、ゲーム中ではとどめさしたのゲストのキャスターだし・・・

【2022.3.13追加分】先日『月姫リメイク』をプレイして戦闘シーンの圧倒的な描写に鳥肌が立ちました。こうだよ!やっぱり型月作品はこうでなくっちゃ!

と、いうわけで納得いかないFGOには、ドッカンバトルのケールに出てもらいました。

よし。これなら勝てるぞ。

オルガマリーさんの出番はこれだけです

推しのオルガマリーさんがまさかの退場

高飛車。ツリ目。銀髪。よし。ヒロイン決定。

と、思ってたらまさかの退場でした。え?ちょっと待ってくれ。どういうこと?あれだ。きっと敵として復活したあと仲間になるパターンだ。ベジータさんと同じパターンだ。真相はFGOをプレイしてその目で確かめてください。

と、まあこんな感じで炎上汚染都市冬木は幕を閉じます。

FGOの二次創作ガイドラインについて

炎上都市にちなんでFGOでガイドラインを違反した二次創作作品の炎上事件に話題にふれてみます。ざっくり言うと『公式作品に似せ過ぎた』のが問題だったようです。FGOは基本二次創作作品は容認しているのですがいくつか条件があり、明確にホームページに記載されています。

Fate/Grand Order 二次創作に関するガイドライン | Fate/Grand Order 公式サイト

FGO自体も歴史上の人物をパロディにした二次創作作品みたいなものですしね。FGOのロゴをそのまま使ったり、音楽やシナリオをそのまま使わなければOK!という寛容な内容です。みなさんも気を付けて二次創作制作を楽しんでください。

なんだよこの特異点F?よくわかんねーよイラ!って思ったアラフォーの皆さま、今すぐFGOをダウンロードしてください。

>>スマホでフェイト!|Fate/Grand Order 公式サイト

次のお話 ↓