ドメインの種類と料金の違いと取得条件と。

はい。今回のテーマは「ドメイン」についてです。前回までに「無料レンタルサーバーを借りたらドメインはいらない」と説明したとおり、全て無料でホームページ作成を考えている方には、必要にないテーマです。

ですが、ホームページを運営しつづけてると「やっぱりオリジナルのドメインが欲しい」と思う日が来ると思いますので、ざっくり説明をしたいと思います。

独自ドメインを買う利点はいくつかあります。まず第一にアドレス(URL)が短くなり、ユーザーに覚えてもらいやすくなります。同人誌つくった時も、こんな感じに書けば、わかりやすいしインパクトもあります。

独自ドメインを買う利点

どうですか?欲しくなりましたか?欲しくなってもならなくても、とりあえず続きを読んでください。ではまず、ドメインの購入の仕方ですが、だいたい有料のレンタルサーバーのサービスの一部として、取り扱っています。

独自ドメインの購入の仕方

まあ、有料にこだわる顧客は同時にドメインも必ず欲しがる、といった需要からでしょうか。さてさて、お店の「店名」と説明したドメインですが、実はドメインにも種類があるのをご存知でしたでしょうか?

一番よく見るのは「.com」と「.jp」でしょう。.comは世界で一番使われているドメインで、比較的安価ですが、「.jp」は「日本で管理しているドメイン」と格付けされていて、通常の2倍くらいの値段がします。

.jpと.comの違い

個人で管理するなら「.com」で十分ですが、信用で商売している企業でしたら「.jp」を使うのが一般的です。以前、.jpで運営していた時もあったのですが、意外と維持費がバカにならなかったので、.comに移行しました・・・

「.com」と同じくらいの値段ですと、他に「.net」「.info」「.biz」があります。


比較的安価に取得できるドメイン

「.com」「.net」「.info」「.biz」

上記ドメインを取得するには、審査はありませんが、初期費用と更新料が必要になります。ちなみに「.jp」には「属性型JPドメイン」という種類があり、よく企業サイトでみかける「.co.jp」もその一つです。

こちらを取得するには、審査がありますが、同人活動ではまず必要ないでしょうw以下、属性型JPドメインの種類の一覧です。


「.co.jp(日本国内で登記を行っている株式会社etc)」

「.or.jp(社団法人etc)」

「.ne.jp(ネットワークサービス提供者etc)」

「.gr.jp(複数の個人または法人により構成される任意団体etc)」

「.ac.jp(学校教育法やその他法律に基づく教育機関/18歳以上)」

「.ed.jp(学校教育法やその他法律に基づく教育機関/18歳未満)」

「.go.jp(政府機関・独立行政法人etc)」

これを知っていると、何かいいことあるのかって?ありますとも!(速答)

「架空請求」などの詐欺メールを瞬時に見分けることができるようになります。

「.co.jp」のドメインは審査が必要なので、詐欺に使われている「偽ホームページ」のURLはほとんどが「.com」になっています。

なので、もし「支払い請求」などの件名でメールが来ても、記載されているURLをみて.comだったら、「あ、詐欺だ。無視しよう」と、何の疑いもなくスルーできるようになります。

これでもう、迷惑メールにドキドキする必要なくなりましたね!

ドメインは早い者勝ちです。

実は、本当はhttp://ushiya.com/にしたかったのですが、すでに取られてしまったので『ushiyahe』を取得して「牛屋へどっとむ」にしました・・・。ちなみにhttp://ushiya.com/は精肉屋さんでした。

うしや精肉店

うしや精肉店ホームページ


みなさんも、お目当てのドメインがありましたら、お早めに!

次のお話 ↓