お問い合わせページをコーディングする

はい。今回はラストのページになります『お問い合わせ』ページをコーディングします。

いつも通り雛形を複製して「contact.html」に名前を変更し、contactの中を下記のように記述します。


HTML(contact.html)



CSS(style.css)


一見、テキストばかりで簡単に見えますが、一箇所注意点があります。

一番の注意点が『メールアドレス』の表記の仕方です。

なぜか「@」の部分が「■」になっていますね。

これは『スパムメール(迷惑メール)』対策のため、このような表記にしています。

迷惑メール対策

本来ならクリックすると『LIVEメール(outlook)』などが立ち上がる、便利なリンク方法もあります。


メールリンク設置方法

ただ、これを設置すると、毎日すごい数の迷惑メールが来るようになります。

おそらく何らかのプログラムにより「@(本当は半角).com」の文字列を吸出し、自動的にメール送信しているのではないかと言われています。

迷惑メールが届く仕組み

なので、強固なセキュリティ対策をしている、企業や団体でもない限り、ホームページでメールアドレスをそのまま載せるのは、危険ですので避けたほうがよいです。

面倒に思われますが、割とこれでもお問い合わせは来るので安心してください。

最近ではSNSで直接やりとりをするパターンも良く聞きます。

トップページに使ったホームページ用のアカウントや、facebookのリンクを記載するのもフォロアーやホームページのリピーター獲得対策にもなります。

さてさて、これで全部のページをつくりました。

この「HTML」データはそのままで、CSSをちょっと改変して、今度はスマートフォンサイトを作ります。


>>今回作ったページ(お問い合わせページ)

>>サンプルデータをダウンロード(zipファイル)
次のお話