家庭菜園でも必ずマルチをはって苗を植えよう!初心者向け家庭菜園講座

家庭菜園で畑にはってある黒いの

畑を耕して肥料をまいて土づくりが完了しましたら、今度はいよいよ苗や種をまいていきます。まさかとは思いますが、その辺適当に植えようとか思ってませんか?プランターみたいな鉢植えなら大丈夫ですが、畑でそんなことしたら、あっという間に雑草にまみれてしまいますよ?そんなわけで、苗を植える前に畝(ウネ)を作って『マルチ』を張りましょう。

『マルチ』とは?

アラフォー世代に流行ったゲームのヒロインではありません。多分見たことあると思うのですが、野菜の下に敷いてある黒いビニールシートがそれです。ずっと野菜が土に触れて汚れないようにするために張っていると思っていたのですが、実はそれだけではないんです。

農業用マルチ

マルチの効果

家庭菜園でマルチを張るなんて本格的なこと必要ないんじゃないかって思われますが、あるとないとじゃ雲泥の差があるんで、やっぱり用意はしたほうがいいでしょう。マルチを張ることでざっくり下記のような効果が期待できます。

他にも土の伝染病防止効果とか、温度の上昇防止とかあるんですが、とにかく雑草を防ぐためにマルチは絶対に張ったほうがいいです。結局マルチを張ってないところからはドンドン雑草が生えてきてしまいますが、マルチを張っておけば間違えて引っこ抜くことはありません。間違えてスイカの苗を引っこ抜いて、子供に泣かれるなんてことはありません!(やってしまいました・・・)

畑にマルチを張ろう!

マルチを張る準備『畝(ウネ)』づくり

マルチを張る前に、畑に一工夫しなければいけません。マルチをはるところに土をもって『ウネ』をつくる必要があります。これは水はけをよくして根が腐るのを防ぐためにするそうです。横長の山をつくって最後に苗を植えるあたまの部分を平らにしておきます。これでマルチを張る準備ができました。

マルチの購入方法

マルチなどの農業用品は、農協やホームセンターなどで購入することができます。ただ、農協だとちょっと規模の大きい畑を想定した品が多くて、ちょっと家庭菜園向けではなかったりします。マルチもでっかいロールで売ってたりするんで・・・。その点、ホームセンターではビニールに小分けされた丁度いいサイズのものが売っているので、こちらを購入してください。それと一緒に『穴あけ器』と、マルチを張る時につかう『止め具』も購入しましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本マタイ 使い切り黒マルチ 135CMX5M
価格:200円(税込、送料別) (2022/2/19時点)


すでに穴が空いてるマルチも売っているのですが、私はあまりこちらはお勧めしません。私も便利だと思って購入してみたのですが、いざ実際張ってみると想定してた箇所に穴がなかったり、ウネの変な所に穴が空いてしまったりとあまり使い勝手はよくありませんでした。なので、穴の空いてないマルチを買って、苗を植えたい部分だけに穴を空けるのが良いと思います。

マルチの貼り方

マルチは両端を引っ張て、ピンとはった状態で四隅に止め具をさして余った部分は切り落とします。張りがあまくてボコボコしていると、そこに水たまりができて、根腐れの原因になるので注意しましょう。

張り終わったらマルチの淵の部分を土で塞いでいきます。これは、マルチの隙間に虫が侵入するのを防ぐためにします。最後に苗を植える所に穴あけ器で穴を掘って完成です!

マルチを貼ってみた

どうでしょう?だいぶ畑っぽくなってきたのではないでしょうか?次はいよいよ待望の苗植えです!

次のお話 ↓