ホーム > パパ視点の妊娠・出産・育児 > ベビーカーの選び方と買うタイミング

ベビーカーの選び方と買うタイミング

ベビーカーの選び方と買うタイミング

はじめましての人もお久しぶりの人もこんにちは。今年二児のパパになった武誰です。

先日ようやくチャイルドシートを後部座席に設置しました。

以前記事にも書いたエールベベのクルット5ウィです。

助手席の後ろでも運転席の後ろでも大丈夫と店員さんから聞いていたので、どっちか迷っていたのですが、直前にもう一度対応車種表をみたら、なんと助手席の後ろしかダメじゃないですか(汗)

選択肢が減ってよかったのですが、あまり店員さんを頼りすぎるのはよろしくないですね・・・。

チャイルドシートの関連記事は『チャイルドシートの選び方・取り付け方』をご確認ください。

さて、今回のテーマは「ベビーカーの選び方」です。

  • ベビーカーの種類
  • ベビーカーを選ぶ基準
  • ベビーカーの保管場所
  • ベビーカーは必要か?

ベビーカーの種類

ベビーカーの種類には大きく「両面タイプ」「背面タイプ」「マルチタイプ」「二人乗りタイプ」の4種類に分けられます。

両面タイプとはその名の通り、赤ちゃんの乗る向きを前にも後ろにも変えられるタイプ。

背面タイプは一番馴染みのある前向きタイプのベビーカー。

マルチタイプは取り外してベビーシートにできるタイプで、二人乗りタイプはたまに見かける双子ちゃん用の二列につながったベビーカーです。

お値段の相場は両面タイプが5万円~8万円、背面タイプが2万円~6万円、二人乗りタイプが7万円~で、マルチタイプがチャイルドシート+オプション代と いったように機能が多いほど高額になっていきます。

ベビーカーを選ぶ基準

ベビーカーを選ぶ基準は「買うタイミング」「使う場所」「移動場所」によって異なってくると思います。

新生児の時から使いたいのであれば、新生児から使えるベビーカーを選ぶ必要がありますし、ある程度大きくなってからであればどのタイプを買っても大丈夫です。

散歩の時だけに使いたければ比較的シンプルでもいいですが日よけのカバーがあったり、夏場なら通気性のいいものが良いですし、買い物で常時使いたいのであれば鞄などが置けれれるスペースが付いたもののほうが便利です。

折りたたみみ式だと使いやすさだけでなく、安全性も考慮されたのを選ぶ基準に入れたほうがいいでしょう。

ベビーカーを使う場所

ベビーカーによっては前述した要望をほとんどをみたしているような完璧なものもあります。

ただ、それはどのメーカーをみても比較的大きいです。

大きいベビーカーの一番の問題は場所をとります。

よく言われる電車でのベビーカーのマナー云々は、この大きなベビーカーが狭い空間を占領していることからもきていると思います。

大きいサイズではベビーカーだけで大人1~2人分場所をとってしまうので、かなり迷惑に感じる人も多いでしょう。

満員電車は場所をとるだけでなく、他の乗客の腕や鞄が赤ちゃんにぶつかるなどとても危険ですので、混雑時にベビーカーで電車に乗車するのは避けましょう。

どうしてもその時間に出かけなければいけない場合は、赤ちゃんの安全を優先して車やタクシーなどの交通手段をお使いください。

ベビーカーの保管場所

さて、実は私達がベビーカーを購入して一番悩んだのが保管場所です。

1年程前に私達が住んでいた賃貸は2LDKの一般的な間取りなのですが、玄関はそれほど大きくありませんでした。

ですが、早くベビーカーで散歩したいという気持ちがあせり新生児から使えるベビーカーを買ってしまい、折りたたんでも玄関の3分の2を占領してしまい 外出が困難になるという大失態

「こんなにコンパクトにたためる」といっても新生児用のは、二つ折りにできるだけなので正直なところ割とまだまだ幅をとります。

しかも雨の日は濡れた傘でベビーカーもビショビショになるという最悪の状態に・・・。

車のトランクに保管という案もあったのですが、軽自動車なのでベビーカーを載せると他に何も載せられず、少量の買い物すらできない(汗)

もう少し年齢がいくと割とペッタンコに近い状態にたためるベビーカーもあったようなので、買うのをはやまったとかなり後悔しました。

ベビーカーを買う時は十分なスペースのある保管場所を確保してから購入したほうが良いでしょう。

ベビーカーは保管場所を決め手から購入しましょう

実際にベビーカーを使い始めたのは1歳過ぎてからでしたし(涙)

ベビーカーは必要か?

ここまで話してくると薄々感じる人もいるかもしれませんが、「ベビーカーは買わなくてもいいのでは?」とも考えています。

実は一人目の子の時ベビーカーを買ったのですが、ベビーカー自体を嫌がりすぐ降りたがってしまいました。

そうなると子供を抱っこしてベビーカーを引きづってマザーズバッグ持ってーとかなりの重労働になってしまうこともしばしば・・・。

まあ、重いだけならまだいいのですが、いろいろなものを持ってると注意力が散漫になってしまうのでとても危険です。

そして新しく引っ越したところは以前の所よりもさらに玄関が狭い・・・。

買い物ならカートに赤ちゃんを載せれるシートがありますし、大型スーパーなら車の形をしたカートもあり、むしろベビーカーよりそっちのほうを乗りたがることは経験済み・・・。

結論としては、1歳半までは抱っこ紐で出かけて、ベビーカーの必要を感じたらコンパクトにたためるタイプを購入するーといった感じでしょうか。

もちろんベビーカーを喜ぶ赤ちゃんもいますし、広い公園なんかはきっとあったほうが散歩も楽に楽しめると思いますが。

「赤ちゃんのために絶対に買わなくては!」と気負わなくてもよいのではないかと私は思います。

結構、一人目の時はいろんなベビーグッズを買ったのですが、ほとんど使わず公開したものが山ほどあったので。

買って後悔したベビーグッズにつきましてはまた次の記事でご紹介したいと思います。

次のお話

「妊娠・出産・育児」に関連するオススメ記事

フリー漫画素材

無料で使える漫画素材です

ホームページの作り方

初心者向けHP作成講座

同人サークル専用HP

ホームページ作ります!

Copyright (C) 牛屋へ.com, All Rights Reserved.