牛丼屋(吉野家・松屋・すき家)の限定メニュー

牛丼屋の限定メニュー

牛丼屋では、牛丼やそれに付随した定食メニュー(牛皿を付属するもの)以外に『限定メニュー』なるものが存在します。これを知っておかないと、いきなり知らないメニューに遭遇して、面食らうことになります。

注)こちらのページは『牛丼屋で働きたい』人に向けたページになります。牛丼屋(松屋・吉野家・すき家)の最新メニューやお得なクーポンの情報を知りたい方は、『牛丼各社の得するクーポン!&新メニュー』をお読みください。

松屋・吉野家・すき家のクーポン情報

気をつけなければならない限定メニューには大きく分けて『期間限定メニュー』と『店舗限定メニュー』との二つがあります。『期間限定メニュー』は文字通り、一定の期間だけ発売する商品で、主に季節に沿ったものが多いです。

松屋2015年夏の限定メニュー
松屋】『山形だし牛めし』『山かけネギトロ御膳』
『夏野菜チーズトマトカレー』『ネギだく!塩ダレとろろ定食』

定期的に新商品を入れることで、リピーターを増やす効果があり、ほぼ全店で導入されます。こちらは、導入する数日前に、本社から通達があるので、こまめにチェックし、久々にシフトに入るときは、店内のポスター等を確認し、自分の知らないメニューがあった際は、店長やメンバーから必ず確認をとるよう心がけることで、トラブルを回避できます。

『店舗限定メニュー』は、ロードサイドなどの大型店舗でよく導入される商品です。駅前などのテナント型の店舗のメンバーが、ロードサイドの店舗へ、応援に行く際は注意が必要です。

牛丼屋のドライブスルー
第8話:店長代理』より マンガ

駅前などのテナント型の店舗とは、見込み客の層が違うため、それに応じたメニューが追加されるのだと考えられます。

【テナント型の店舗の見込み客とその傾向】

・サラリーマン、学生
・短時間で食事をしたい。
・できるだけ安くすませたい。

【ロードサイド型の店舗の見込み客とその傾向】

・家族連れ、レジャー帰り(途中)、ドライブスルー
・おしゃべりや、団欒を楽しみたい
・いろんな料理を食べたい

肉煮を乗せるだけの牛丼と違い、鉄板を使うようなメニュー(鉄皿メニュー)は時間がかかります。 テナント型の店舗で導入すると回転率が悪くなり、逆に売上が下がる危険性もあるため、適所でニーズに応えたメニューが用意されているようです。

吉野家のロードサイドメニュー
吉野家ロードサイド店限定メニュー

テナント型の店舗のメンバーは、いつもと商品を提供するスピードが違うため、お客様を待たせることに、焦燥感を感じると思います。(牛丼の提供スピードは3分以内のため) 比較的、ファミレスに近い時間の流れで作業することになるので、提供スピード等の時間の間隔は、現地のメンバーに確認する必要があります。

他にも、「期間限定メニュー」を全店舗で導入する前に、先行して発売する特殊な店舗もあります。

どちらの限定メニューも、知っているか、いないかで、トラブル発生に大きく影響するので、積極にメンバーとコミュニケーションをとることをオススメします。

トマトバジルハンバーグ定食
松屋】トマトバジルハンバーグ定食(997kcal)
次のお話