【第一回】30歳でも漫画家を諦めない

30歳・40歳からでも漫画家目指す

30歳からの漫画講座。第一回目のテーマは『諦めない』です。

『今年でもう30歳・・・。そろそろ漫画描くのやめようかな?』



うん!無理

30歳で漫画家を諦めた年に解雇されました・・・

プロ漫画家デビュー用の原稿描き、趣味の同人・創作活動を年齢を理由に、卒業しようとしていませんか?

大学を卒業して、企業戦士になって、毎日残業・飲み会の繰り返し。

休日出勤もあって、なかなかまとめて時間も取れない。

なけなしの時間で、漫画を執筆して、イベントに出るも全く売れない、出版社に持ち込むも、なかなか芽が出ない。

描けない30歳の素人漫画家

漫画に費やす時間も無駄に感じ、描いても楽しくなくなってきた・・・。

ならば、いっそのこと漫画描くのやめて、新しいこと始めよう!


そんな、悲しい結論に辿り着いてはいませんか?

私も30歳になった年に同じ考えに辿り着き、一端完全に漫画を描くのを辞めました。

広告会社でWebデザイナーとして働いていた私は、少しでも会社に貢献できればと、それまで漫画描くのに費やしていた時間を、プログラムの勉強にあてていました。

そして半年後、突然解雇されました・・・(汗)



30歳で突然解雇された正社員の悲鳴

ばっかやろう!だったらやめねーよ!!!

と、単純に再開できたわけではありません。

漫画を辞めると決めた日、原稿用紙、トーン、ミリペン、作業机etc道具一切を捨ててしまいましたし、再就職先は、片道1時間半の通勤に、月の半分以上は深夜まで残業。休日は家族サービス。

何度か、漫画を描こうとするも、途中でモチベーションが下がり、お蔵入りに・・・

実際に、漫画を描き始めたのは、それから2年後でした。

それでも、今こうして漫画を描けています。

なぜだと思いますか?

それは、30歳を過ぎたからこそ描ける『スキル』を身に着けていたからです。


30歳からはじめた新しい『漫画』スタイル

これは、我武者羅に原稿を描いていた、20代には考え付かない発想かもしれません。

30歳前の熱い漫画家志望

仕事して、家事をして、子育てをしてー・・・そして私は漫画を描いてます。

道具はなくても、時間がなくても、漫画は描けるんです!

これから、私がその『スキル』を、あなたにお伝えします!

この記事を読んで、一人でも多くの人が、再びペンを握ってくれるのを願っています。


30歳になっても漫画家を目指そう!

実はこの記事は2022年2月に加筆修正しています。その理由は、40歳になった今でも私は漫画を描いているからです。

商業デビューはまだですが、仕事の一環として広告漫画や、製品紹介漫画など、数多くの漫画を納品物として納めることができました。

うれしいことに私の漫画の技術が『漫画家』として職場で認められ、メインではないにしろ、仕事として漫画を描かせてもらえてます。

仕事以外にを、趣味でパロディやオリジナル作品も制作し、100万pvを達している作品もあります。

現在もまた新しいツールを手に入れて本格的に漫画家を描いていますが、それはまた別の機会にお話しします。

30歳・40歳になっても漫画家デビュー目指しましょう!

「30歳からの漫画の描き方」全10回、不定期連載ですが、お付き合いください。

次のお話