ホーム > 30歳からの漫画講座 > 【第三回】30歳の漫画制作時間

【第三回】30歳の漫画制作時間

「30歳からの漫画の描き方」第三回目は『漫画を描く時間(下書き・ネーム含む)』です。


160628_img_02


学生時代は、平日は学校から帰ってきて、寝るまでの間、いつでも描くことができました。


休日なんかは、朝から晩まで、ずっと描くことができました。


社会人になってからはどうでしょう?


平日は仕事に疲れて、夕飯とって風呂入って就寝。


休日は、家族サービス、または上司と接待、あるいは休日出勤、自宅作業。


休み明けに、疲れを残さないために、早めの就寝ー・・・。


とても漫画を描く時間なんてない!


と、お思いではないでしょうか?


160628_img_01


本当に全く時間はありませんか?


ぼーっとテレビとかネットサーフィンしている時間とかありませんか?





結論から先に言いますと、1日30分あれば、漫画は書けます!


30分×30日=900分(15時間)


15時間あれば、最低4ページは原稿を完成できます。


・ネーム(1時間)


・下書き(4時間)


・ペン入れ+ベタ(6時間)


・写植、背景処理(4時間)


これを見て「こんなに早く原稿描けない!」と、思われる人もいるかと思いますが、道具や、各順序を工夫することで、作業時間は短縮できます。


詳しくは、「30歳からの漫画を描く道具」「30歳からのネームの書き方」「30歳からのラフ・下書き」「30歳からのペン入れの仕方」「30歳からの写植の仕方」でご説明いたします。


『4ページ』というは、『1週間に1ページ』という目安です。


これなら、何とかできそうだと思いませんか?


そしてその4ページを必ず「ニコニコ静画」などにアップしましょう。


漫画を描く時間(下書き・ネーム含む)


こちらは『30歳からの漫画を公開する場所』で理由を説明します。


長編漫画を描こうと、ネームで何十ページ用意しても、おわりが見えず挫折します。


でも、毎月少しづつ、完成品を確認することで、モチベーションが持続し、長期的に漫画を描き続けることができます。


1時間作業できる日があったら、次の日はやらない。


定期的に、漫画を描かない日を入れるのもコツです。


ちなみに、私はこの方法で、1年間ほぼ毎月4~10ページの原稿を仕上げることができました。


もちろん、仕事・家事・育児もちゃんとやっています。


漫画を描かない日は、ブログやホームページの改造をしています。


学生の時に比べて、確かに自由にできる時間はすくないです。


ですが、大人の私たちは「時間の質」を上げることは可能です。


集中した30分は、だらだらした数時間より、遥かに価値があります。


160628_img_05_01


次のお話

「ブログ:漫画講座」に関連するオススメ記事

牛屋の店長

牛丼屋の仕事を漫画で体験!

「牛屋」の登場人物

履歴書風キャラクター紹介

LINEスタンプ・着せ替え

LINEスタンプつくりました!

Copyright (C) 牛屋へ.com, All Rights Reserved.