ホーム > 30歳からの漫画講座 > 【第六回】30歳から描く漫画の内容

【第六回】30歳から描く漫画の内容

30歳からの漫画講座。今回は『描く内容』です。


30歳から描く漫画のジャンル』編と似ていますが、もっと掘り下げます。


簡単に言うと『絵柄』や『表現』です。


正直、女性の露出が高い漫画や、萌え系の漫画はお勧めできません。


前回の『30歳からの漫画を描く場所』で、『どこでも描く』と結論をだしました。


どこでも描くということは、誰の目にも止まるということです。


30歳からの漫画の内容


当然、女性だって見ます。


相手を不快にさせるような行為は、どんなに自分が楽しくても避けるべきです。


会社なんかで描いてたら、それこそ白い目で見られます。


なので、描く絵柄は『少年漫画』『青年漫画』、女性が多い職場なら『少女漫画』のように、年齢が上の人たちにも受け入れられるものが良いです。


30歳なったrいろんな絵柄で


どうしても自分は萌え系が描きたいんだ、という方はここでお別れです。


ですが、会社で漫画を描くのは、思わぬ仕事を掴むチャンスだったりします。


私は今まで、4回転職しましたが、どこへ行っても漫画のスキルを認められ、社内ポスターや、お得意様のイベント用イラスト、最近では会社のパンフレットに漫画を描かせていただきました。(下のイラストはダミーです)


雑誌じゃなくても漫画家になれる!


雑誌デビューしてなくても、漫画家の仕事ができるんです。


どうですか?魅力的ではありませんか?


どうしても、ストーリーの流れ上、際どいシーンが出てしまったら、そこだけは家でこっそり描きましょう。


私もそうしてます・・・w


30歳過ぎたら大人の絵柄!


次のお話

「ブログ:漫画講座」に関連するオススメ記事

牛屋の店長

牛丼屋の仕事を漫画で体験!

「牛屋」の登場人物

履歴書風キャラクター紹介

LINEスタンプ・着せ替え

LINEスタンプつくりました!

Copyright (C) 牛屋へ.com, All Rights Reserved.