【第七回】30歳からのネームの書き方

30歳からの漫画の描き方講座。今回はネームの描き方です。 今までずっとノートに書いていた方もいらっしゃると思いますが、ネームにノートは使いません。


かさばるノートはネームには使わない?

ノートを使うのはNOだ!

ここでも使うのは「コピー用紙」です。まずこれを4等分してネームを書きます。

ネームを分割したコピー用紙で書く

ネーム(コピー用紙4等分)

この段階では、特にセリフをいれません。と、いうか小さすぎて書けません。一番大事なのは、4ページ前後で話をまとめられるかを把握することです。

おそらく頭の中には、何十ページものネームが駆け回っていると思いますが、その中から4ページ分を、切り出してください。

この段階ではページが4ページを大きくオーバーしてもかまいません。コマ割ができたら、新しいコピー用紙を用意して、今度は2等分します。さっきのコマ割をみながら、もう一度ネームを書き、今度はセリフを入れていきます。


コマ割りを調整してページ数を減らす

ネーム(コピー用紙2等分)

この段階で、ネームの微調整をして、出来そうであればコマを割愛します。今回は若干1ページ越えて5ページになってしまいましたが、許容範囲なのでこのまま進めます。

ノートを使わない理由はただ一つ。かさばるからです。それにもし通勤時に忘れてしまったら、その間作業ができません。

コピー用紙だったら、印刷ミスしたものを拝借するなど、いつでも手に入ります。(本当はいけないんでしょうけど・・・)資源の再利用にもなって、一石二鳥です!とは言いすぎですけど。

ネームができたら、いよいよ原稿に取り掛かります!

ネームを4ページにまとめる!
次のお話