ホーム > 30歳からの漫画講座 > 【第八回】30歳からのラフ・下書き

【第八回】30歳からのラフ・下書き

30歳からの漫画の描き方講座。いよいよ作画に入ります。


原稿(といってもコピー用紙ですが)を描く時、段階を追って仕上げていきます。


30歳からの漫画制作に費やす時間」「30歳からの漫画を描く道具」「30歳からの漫画を描く場所」を読んでいただけたらわかると思いますが、従来と全く違う作業環境です。


もちろん作画方法も特殊な順序で描いていきます。




1.ラフ(線画)


下書き


これと言って特別な描き方はしません。


強いて言えば、枠線を定規で引かない所でしょうか。




2.素ペン


素ペン


「素ペン」とは私が勝手に名づけた描き方です。


料理の「素焼き」のように、線に強弱を入れずさらっと主線を描きます。


1ページにかける時間は15~30分くらいで、雑でもいいので4ページをさっと描ききります。


線の強弱は次回の「30歳からのペン入れの仕方」で付けます。


この作業の一番の目的は『達成感』です。


意外と下書き(ラフ)までは出来る人は多いと思いますが、


いざがっつりペン入れ始めると、休憩時間に残りページを数えて心が折れてしまう人も多いと思います。


その間隔を無くすために、私は間髪入れずにペンを入れます。


この描き方のもう一つの特長は「枠線」を引かないことです。


これもまた、「コマ数」をなるべく意識させないメンタル的な役割があります。


複数あるコマ割を「1ページの作品」と錯覚させることで、執筆意欲を維持させます。


枠線は「30歳からの写植の仕方」でご説明します。


30歳で漫画を描き続けるのに、一番必要なのは技術力ではなく精神力だと思います。


全ページにペンが入っているのを眺めるだけで、達成感が味わえ「次」に進む意欲がわいてきます。


まずは描く!ひたすら描く!失敗したら、あとで直す!


次回、このラクガキみたいなのを「漫画」っぽく仕上げていきます。


素ペンマスター


次のお話

「ブログ:漫画講座」に関連するオススメ記事

牛屋の店長

牛丼屋の仕事を漫画で体験!

「牛屋」の登場人物

履歴書風キャラクター紹介

LINEスタンプ・着せ替え

LINEスタンプつくりました!

Copyright (C) 牛屋へ.com, All Rights Reserved.