ホーム > 30歳からの漫画講座 > 【第十回】30歳からの写植の仕方

【第十回】30歳からの写植の仕方

30歳からの漫画講座。十回目は写植・背景処理です。


写植はデジタル


「ワードでセリフを打って貼る」なんてことはしません。


スキャナで原稿をパソコンに取り込んで、画像編集ソフトで、直接セリフを入れていきます。


編集ソフトは何でもいいですが、万が一・・・万が一出版の話が来たことを考えて300dpi以上の高解像度で作業できるソフトが良いです


一昔前まで云万円していた『Photoshop』ですが、最近ではクラウド版が1ヶ月980円で使用することができるのでおすすめです。


Adobe Photoshop CC


私も仕事柄Photoshopが使いやすいので、こちらで作業しています。


まず最初に「シェイプ」で枠線を引きます。


注意点は、縦(細)と横(太)の太さの比率を統一すること。


photoshopでコマ割


全部バラバラの太さだと、とても読みづらい上に、美しくありません。


太さを毎回測ると面倒なので、一番最初に作ったものを、複製して使用すると良いでしょう。


ブチ抜きのコマは、消しゴムツールなどで消していきます。(レイヤーの結合後)


背景や髪のトーンは「自動選択ツール」などで、マスクを作って塗りつぶします。


photoshopで背景処理


ちょっとコマが寂しかったら、フリー素材をダウンロードしてきて挿入します。


(日本地図がフリー素材です)


最後にセリフを入れていきます。


文字の大きさは、スマホでの閲覧を考えてなるべく大きくしたほうが良いです。


photoshopで写植


これで、原稿は完成です。


一旦、こちらは万が一の印刷用に保存して、このデータを複製して「Web用」に加工します。


Web用とは、レイヤーを統合し72dipで幅500~800前後のデータを指します。


解像度72dpi


そて、このデータをどうするか?


答えは最終回でお伝えします。


photoshopでデジタル原稿


次のお話

「ブログ:漫画講座」に関連するオススメ記事

牛屋の店長

牛丼屋の仕事を漫画で体験!

「牛屋」の登場人物

履歴書風キャラクター紹介

LINEスタンプ・着せ替え

LINEスタンプつくりました!

Copyright (C) 牛屋へ.com, All Rights Reserved.