【番外編】それでも「パロディ(二次創作)」が描きたいんだ!

「それでも俺(私)は二次創作を描きたいんだ!」なんて声をちらほら聞きましたので、数年ぶりに更新します。

はじめましての人も、お久しぶりの人も、おはようございます(業界用語)。武誰(たけだ)です。

これまで「30歳漫画講座」では、Web漫画家になるべく『オリジナル漫画』をすすめてきました。理由としてはいろいろありますが、一番の理由としては漫画やアニメやゲームをする時間がないことがあげられます。

私は「30代」の中でも「アラフォー」に近くなってきましたが、やはり状況は変わらず、テレビアニメも漫画本を読む時間もありません。ただ、唯一短時間で『情報収集』でき、且つ感情移入できるジャンルがありました。

それが「スマホゲーム」です。

ちなみに私がプレイしているのは「Fate/Grand Order」と「DORADON BALL ドッカンバトル」の二つです。「スマホゲームは課金システムだからやらない」という考えのかたも多いですが、実際課金しなくてもゲームは進めます。

そして何より時間がかかりません!『ストーリー+バトル』で構成されていて、だいたい5~10分で一区切り進めます。5~10分といいますと、ちょうど通勤時間の電車の中でできる時間です。

メインストーリーをクリアするのに半年くらいかかってしまいましたが、あっという間だったような気がします。気がつけばアラサーからアラフォーですしね(汗)

FGOは美少女が多い作品ですので、記事に書きました「どこでも」はできませんが、自宅でこつこつ描いて50Pくらい漫画がかけました。

FGO二次創作マシュとまっしゅとストアーマネージャー

やっぱり「好きな漫画を描く」のが一番ですしね!最近は、昔はやったアニメやゲームがいろんな形でスマホゲームに参入しているようです。(コラボとか)ネタの収集にはもってこいだと思いますので、ぜひアプリストアで作品名を検索してみてください。

くれぐれも熱中しすぎて「歩きスマホ」などの、ながらスマホで怪我や事故を起こさないよう注意してくださいね!

それでは、みなさまの創作活動がよりよいものになりますよう願っております。ではでは。

次のお話 ↓