第35話:退職届と退職願い

怒りに我を忘れた相田を止めたのは、牛屋一熱い男『松野謙信』。猪突猛進のような彼だが、裏では人事部だった頃の人脈を伝に、牛屋再建の根回しを進行していた。キーマンとして、何としても相田と東福寺を牛屋に挙げていたが、その中に自分は含まれていなかった。
次のお話