第43話:再建への道

「タケダの後継者」が退社したあと、牛屋はかつてない経営不振を迎えていた。過酷な労働を強いられた従業員は次々と退社し、倒産の危機まで追いやられていた。起死回生を図り、ついにアノ人物が海外から徴集されることになる。

次のお話