第29話:風評被害

それはこの地域では珍しい大雨の日だった。氾濫した川に、今にも飲み込まれそうになっていた子供。救助隊がくるまでただじっと見守ることしかできなかった自分の横を、さっそうと飛び込む白い大きな影。そう。その影こそがまさに理想の体現であるだった。最終章の主人公『相田裕介』とタケダ店長の出会いを描いたスピンオフ。牛屋の最後の伝説は、ここから始まった。
次のお話