ホーム > Webデザイナー養成講座 > 3.さくらレンタルサーバーでWordPressを簡単にインストールしよう

3.さくらレンタルサーバーでWordPressを簡単にインストールしよう

普通のホームページであれば、サーバーにHTMLファイル・CSS等ををアップロードすれば制作することができました。

ですが、Wordpressでホームページを作成する場合サーバーに「データーベース(以下DB)」を用意しないといけません。

そもそもWordpressとはブログを構築するためのツールとお伝えしました。

ご存知の通り、ブログは管理画面で「投稿」することで新規ページを次々に作成することができます。

これは、WordpressというツールがDBにデータを蓄積しているため可能にしています。

「データベースの構築なんてわからない」

と、思われる方ご安心ください。

現在、ほとんどのレンタルサーバーがWordpress簡単セットアップのサービスを導入しており、その中でデータベースも簡単に構築できる仕組みを用意しています。

代表的なレンタルサーバーは下記になります。

・ロリポップ

・さくらレンタルサーバー

・エックスサーバー

それぞれ利点はあるのですが、とりあえずwordpressに慣れることが目的なので、「牛屋.com」でも使っている「さくらレンタルサーバー」でご説明します。

まずは「サーバーコントロールパネル」にアクセスしてください。

1.「データベース」の作成

左サイドバーの「データベースの設定 」をクリックたら、次に「データベースの新規作成 」でデータベースをつくります。

データベースのバージョン、文字コードはデフォルトのままで大丈夫ですが、文字コードは必ず「UTF-8」になってることを確認してください。

データベース名やパスワードは後ほど何回も使うので、必ずメモ帳などに保存してください。

2.WordPressをインストールする

DBができましたら、今度は左ナビの「クイックインストール」から「ブログ」を選んでWordPressをインストールします。

データベースを先ほど作成したものに設定してください。接頭語などはデフォルトのままで大丈夫です。

インストール先はURLの一部になりますので、慎重に選んでください。

ここで「え?ドメイン直下(ここでいうhttps://ushiyahe.com/)にできないの?」という疑問があると思いますが、ちょいと面倒な作業になりますので、最後の章でご説明いたします。

3.WordPressの初期設定をする

インストールが完了しましたら、「アプリケーションの設定にすすむ」をクリックしてください。

『必要情報』の中身を入力してください。「サイトのタイトル」は日本語で大丈夫です。

ユーザー名、パスワードは今後ワードプレスへログインする度に使いますので、こちらもメモ帳などに保存してください。

また、あまり簡単なものですと『ハッキング』される可能性がありますので、なるべく複雑なものにしてください。

『検索エンジンからインデックスされないようにする』は文字通り、Googlenなどの検索エンジンに読み込ませないようにします。

こちらにチェックを入れると、自動的にhead内にnoindexが記述されます。

制作中でまだ見せたくない場合はこちらにチェックを入れて、完成後に外すといいでしょう。

たまに公開後もチェックを外し忘れて、どこからもアクセスされない!なんていう悲しいお話もちらほら聞いていますのでご注意ください!

「WordPress」をインストールをクリックしたあと、『成功しました』と表示されたら完成です。

ログインし、管理画面へ移動してください。

上部黒帯内のサイトタイトルをクリックすると、デフォルトのテーマ(twentytwelve)が反映されたページが表示されます。

これでWordPressの設置は完了しました。

次はオリジナルのテーマを作成しましょう。

次のお話

「WordPressビギナー」に関連するオススメ記事

フリー漫画素材

無料で使える漫画素材です

ホームページの作り方

初心者向けHP作成講座

同人サークル専用HP

ホームページ作ります!

Copyright (C) 牛屋へ.com, All Rights Reserved.