5.function.phpって何だ?

function.phpは前回お伝えしましたとおり、WordPressテーマの司令塔になる部分になります。

functionはwpの司令塔

WordPressを本気で使いこなすのであれば、こちらにガシガシ書き込んでいくことになるのですが、基本的なことは全てWordPressの初期プログラムに入っているので、今回記述するのは下記2箇所です。

1つめの記述はWordPressの編集画面に『サムネイル』が表示されるようにする命令です。

2つめは投稿する際に『pタグ』や『brタグ』が自動で入らないようにするための命令です。

このあたりがブログシステムの名残といいますが、普通に日記を投稿するのであれば、ありがた機能なのかもしれませんが、各ページコーディングするのであれば、余計なタグが入ってしまうやっかいな機能。

functionに最低限の記述を

とりあえず今回はこれ以上記述しませんが、制作の現場ではお客様の要望に応えるためにこのファイルを幾度となく編集することになります。

その際に必ずやっておくべきことはバックアップを取っておくことです。

function.phpは一文字でもスペルを間違えるとエラーどころか、画面が真っ白になります。

初心者の方だと、きっと頭の中も真っ白です。

WordPressの管理画面にもアクセスできなくなるので、パニックになる人が多いですが、そんな時はあわてず編集前のファイルをFTPソフトなど使って直接上書きしてください。

画面を更新すれば、ページを復元することができます。

「画面真っ白」→「全部壊れた」と勘違いしないよう前知識を持っているだけでも、かなり気持ちは楽になると思います。

失敗を恐れず、新しい機能に挑戦してください。

次は別の記事で作った『ホームページサンプル』のHTMLデータを、WordPressのテーマに改良していきます。

次のお話