ホーム > Webデザイナー養成講座 > 7.固定ページ・投稿ページのPHPをつくろう

7.固定ページ・投稿ページのPHPをつくろう

page.phpとsingle.phpに記述していきます。

前回までにお使えしました通り、page.phpは「固定ページ」、single.phpは「投稿ページ」のテンプレートになります。

ちなみにサンプルページでいうと下記のようなページになります。

●杉さん求人ポスターパロ(イラスト)
https://ushiyahe.com/sample/pc_sp/illust_01.html

●武誰応志(作者紹介)
https://ushiyahe.com/sample/pc_sp/member_01.html

『一覧』があるようなページは「category.php」ですので間違えないようにしてください。

●イラスト一覧
https://ushiyahe.com/sample/pc_sp/illust.html

page.phpとsingle.phpの書き方は基本的に一緒です。

ただ、今回は触れていませんが、「サイドバー」で一覧を出す時の書き方が違います。

WordPressに慣れてきましたら、別々に用意するといいでしょう。(取りあえず今回は同じサイドバーを使用します)

前回同様にhtmlを記述しますが、今度はヘッダーとフッターを除いたhtml部分を記述していきます。

繰り返しますが、これは『共通のテンプレート』になります。

なので「共通でない」箇所と、別に読みこむサイドバー(sidebar.php)の部分は削除します。

具体的には下記部分になります。

「投稿」した内容を読み込むPHPを記述します。

これにheader.php、footer.php、sidebar.phpを読み込む記述を加えます。

※sidebar.phpの作り方は次回に記載します。

header.phpを読み込む

footer.phpを読み込む

sidebar.phpを読み込む

パンくずリストも自動化するのですが、こちらは最後に「プラグイン」で呼び出すため、とりあえず下記を記述してください。

以上の全てを反映させると、下記のようなコードになります。

page.php・single.php

これで、single.phpとpage.phpは完成しました。

次回は「投稿」して各ページを作っていきましょう!
次のお話

「WordPressビギナー」に関連するオススメ記事

フリー漫画素材

無料で使える漫画素材です

ホームページの作り方

初心者向けHP作成講座

同人サークル専用HP

ホームページ作ります!

Copyright (C) 牛屋へ.com, All Rights Reserved.